しょみん派FP 今日も行く

岐阜の庶民派ファイナンシャルプランナーが、くらしの中のお金の話と、日々のお仕事の様子を 綴ります。「やってみました。節約ワザ」 「ひらたいことばで金融・ホケン用語」「教えてもらった貯蓄技」など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くるくるえー 2

ヒラタいことばでギョーカイ用語

くるくるえー  に続く第二弾!

くるくるえーとは

「自爆 や 当て逃げ 自転車事故 NGの車両保険」
でしたよね。

具体的に言うと、

自爆   
     ○ガードレールにつっこんだ
     ○ハンドル操作を誤って、脇のたんぼに落ちちゃった
当て逃げ (「相手」が確認できない事故)
     ○スーパーで駐車場に戻ったら、愛車の後部が、ぶつけられていたが、犯人不明    
     ○すれ違いざまに、サイドミラーが対向車と接触して破損・しかし犯人不明
自転車事故 
     ○ちゃりんことぶつかって、車に傷がついた。

というようなときには、車両保険が支払われません。
つまり、

自腹
ちゅうことです。

その代り、「一般」の車両保険より、保険料が抑えられています。

という車両保険の一種なのです。

もちろん車と車がぶつかった時、火災にあったとき、盗難にあったとき等は 「一般」の車両保険と同じように 車の損害に対して保険金が支払われます。

メリットとデメリットを見てみましょう。

メリットは やっぱり「保険料」

某社で比べてみました。。
車名 タント 等級7E 30歳以上担保  車両保険 一般の場合    112,000円
                    くるくるえーの場合     81,480円

おお!!
そうなんです。このくらい保険料に差がでます。(もちろん会社によっていろいろですから見てみてくださいね)

じゃあデメリットは?

やっぱり
「自爆事故・当て逃げにあっちゃった」とき、車の修理費用は「自腹」である・
ということでしょう。

ここでポイント①

○等級が下がっていて保険料が高額。とにかく保険料を抑えたい。
○もうこの車古いし、車両保険いらないかな。どうしよっかな。自爆事故ならあきらめがつくから安い方にしよう。

そうなんです、ほとんどの人が「節約」を目的にしています。「車両保険なし」だと少し心細い。でも「一般」だと高い。

単独・自爆事故は、あまり起こさない人で、(当て逃げはあきらめましょう)保険料を抑えたい人は。
この「くるくるえー」を選ぶのも一つの方法です。

しつこい様ですが、

「当て逃げ」をあきらめられる人のみ、チョイスして下さい。(笑)

また、雪国で、スリップ自爆の可能性が高いところにお住まいの方は
よーーーーく考えて「自爆」をあきらめられるかどうかで決めて下さい(笑)




家計費削減お助けなら→株式会社アイピージー FP事業部

ご協力お願いします。↓
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ:節約 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fptadokoro.blog35.fc2.com/tb.php/53-25eda93e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。