しょみん派FP 今日も行く

岐阜の庶民派ファイナンシャルプランナーが、くらしの中のお金の話と、日々のお仕事の様子を 綴ります。「やってみました。節約ワザ」 「ひらたいことばで金融・ホケン用語」「教えてもらった貯蓄技」など

医療保険 1

おはようございます。
しょみん派FPです。

本日は こちら「医療保険」

ヒラタク言いますと。
「にゅういんした時保険」です。

そう。

死んだときじゃなく
「病んでいるとき」の為に備える保険です。


長い長い歴史の中で

生命保険はどちらかというと 死んだとき 用で発展しましたが。

近年この「イリョー保険」を重視する傾向にあります。

当然ですが。

商品開発も日進月歩。

ついていくのが大変な商品群となってきました。

そうですよ。

「どこも一緒」では

絶対ありません。


保険料も 特色も。

まったく違います。


特に保険料なんて。


例えば

「1回入院したら1日につき1万円 120日まで保障しまっせ」
という
シンプルなもので比べても。


こんなに違うんかい!!!


というほど 保険料は変わります。
下手すりゃ 月額1000円近く変わります。
長期で払うお金にこんなに差があっちゃ。えらいこってす。



だからこそ。我々がいるのですよ。


30代男性に強い会社と
60代女性に強い会社は違いますし。

おいらたちの特色は 「ここ」です。

という保険会社ごとの得意分野も違います。


だからこそ。

「比べて選ぶ」ことが 大切なんじゃないかしら

と思うのです。


日進月歩と言いました。
このイリョー保険の分野に関しては。
発展著しい分野です。

我々のとーちゃん かーちゃん世代は

「免責20日」なんていう
今では考えられない設定で医療保険が売られていました。


だから

長期的におつきあいをしたい分野でもあります。

「死んだらいくら」は、時が経ってもたいして仕組み自体は変わりませんが

こと イリョー保険に関しては。

社会保障の変革や生活スタイルの変化などに合わせて
メンテナンスは必要なんです。


よ。


今日って
まじめなあたくしでした。

ヒューヒュー♪(コラ!)

応援お願いします

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:節約 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fptadokoro.blog35.fc2.com/tb.php/38-e8992dc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad