しょみん派FP 今日も行く

岐阜の庶民派ファイナンシャルプランナーが、くらしの中のお金の話と、日々のお仕事の様子を 綴ります。「やってみました。節約ワザ」 「ひらたいことばで金融・ホケン用語」「教えてもらった貯蓄技」など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット銀行が破たんしたら

近頃ネット銀行さんの商品が人気ですよね。
預金にしても住宅ローンにしても、さすが!と言える魅力的な商品を
揃えています。

で、

以前セミナーにご参加頂いたお客様からこんな質問がありました。

「ネット銀行が破たんしたらどうなるんでしょうか?」


この際だから


直接聞いてみました!
↑よく考えれば失礼なやつである。

で。

ちょっと銀行名は、出せませんが。

ネット銀行 A行の場合
締結した住宅ローン契約書はそのまま他の金融機関に引き継がる。
金利の変更は通常なし。金融情勢(戦争・天災・超インフレなど)により
やむを得ず変更される可能性はある。

ネット銀行 B行の場合
返済が滞っているなどの特段の状況でない限りは、お客さまに対して
ご契約内容の変更を求めることはなし。
当初のご契約内容に沿ってご返済を継続する方法が
一般的。

との回答でした。


つまりは。

「金融機関破たん」の通常ケースとなんら変わりませんということです。

で。

金銭消費貸借は、そのまま引き継がれます。


ということですよね?

ただ、外的要因(戦争とか、天変地異とか、ハイパーインフレとか)
あるいは、個人的要因(滞納中など)
で、そうはいかないこともあるっちゅうことです。


ふむ。なんだかちょっと安心しました。
都銀だろうが地銀だろうがネット銀行だろうが 
破綻処理は一緒っちゅうことですね。
がんばれきんゆうちょう。



質問を頂いた 兵庫県の Y様
勉強になりました。


ありがとうございます。


こういう質問大歓迎です。
素朴な疑問シリーズとでもいいましょうか。

問い合わせメールからこそっと下さい。
そしたら
しょみん派FP 代わりに調べます(笑)

応援たのみます。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fptadokoro.blog35.fc2.com/tb.php/30-bde826b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。