しょみん派FP 今日も行く

岐阜の庶民派ファイナンシャルプランナーが、くらしの中のお金の話と、日々のお仕事の様子を 綴ります。「やってみました。節約ワザ」 「ひらたいことばで金融・ホケン用語」「教えてもらった貯蓄技」など

おべんきょう代

昨日ノートに書いた事柄を、

訂正しようと思い、

消しゴムでせっせと消しました。

つもりでしたが。

それは、消しゴムではなく、



ペットボトルのフタでした。



えー。


誰も見てないよな?



おはようございます。しょみん派FPです。

世の中の人が、家庭をもち、やりくりをすることになると。

独身時代の自分がいかに いい加減だったか。

気づきます。

いや、中には独身時代から、すばらしい管理能力を発揮し、
自分の納得いくやりくりをしている方もいらっしゃいます。

一日でも早く、「気づく」ことが、とても大切だと痛感するのです。


なんて えらそうなことを 言っている私ですが。

社会人になりたてのころは、そりゃ いい加減な ものでした。


社会人 1~2年目は、給与も少ないし(当時東京一人暮らしだったためコストは高いし)

どっちかというと、非常に堅実なやりくりが出来てたのですが。

そろそろ社会にも、社会人にも 慣れ始めたころ。(ここって デンジャーゾーン)

マスカラの新作が発売となりゃ、デパートに予約を入れ。
水着は毎年モデルチェンジ。
コートも毎年モデルチェンジ。
頑張った自分にご褒美 とか言いながら、ボーナスで 指輪なんか買っちゃって。
通帳の残高が 4ケタでも へっちゃらな時期がありました。

今思うと。


こわーーーー!


でも、あるとき こりゃまずいだろ。

と 「気づく」

のです。

私の場合、とある雑誌を立ち読みしていた時でした。

たしか

「働く女性のマネー学」みたいな特集があって。

それは、カッコイイビジネスウーマンが

きりり♪と写真に載っていて。

「マネー感覚は、ビジネスウーマンのたしなみよ」みたいな感じで。

単純なあたくしは。

ぬあんと かっこいいんだ!

と、感動し(ジツニタンジュン)

そうよ。これじゃかっこ悪いわ。

と、いきなりギアチェンジをしたのでした。



きっかけは、何でもいいんです。


一日でも早く、なりたい自分を想定し、
動き始めること。


多くの勉強代を払いましたが、
勉強代を支払っていたころの自分より。

そのころよりずっと質素な暮らしになった自分の方が


なんか好きだったりするもんです。


なぜって?


自分からやろうと思ったことだからじゃないでしょうか。


誰に言われたわけでも。
強制されたわけでもなく。


マネーの達人への道は、長く、今も修行中ですが。

最初の一歩は早いにこしたことはありませんよね。

これが60歳とか70歳に気づいても。

ちょっと厳しそうだもの。

しょみん派FPまだまだ修行中です。


↓応援お願いします↓

人気ブログランキングへ






スポンサーサイト

テーマ:節約 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fptadokoro.blog35.fc2.com/tb.php/18-c28b7bd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad