しょみん派FP 今日も行く

岐阜の庶民派ファイナンシャルプランナーが、くらしの中のお金の話と、日々のお仕事の様子を 綴ります。「やってみました。節約ワザ」 「ひらたいことばで金融・ホケン用語」「教えてもらった貯蓄技」など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セミナーへのご参加ありがとうございました

昨日 オーパス高砂さんでの 資金計画セミナーを開催しました。

ご参加いただいた皆様。ありがとうございました。
機嫌よく遊んで待っててくれたちびっこのみんな。ありがとう。
そして、そんな子供たちと 「本気で」遊んでくれているチームオーパスの皆様、ありがとうございました。

ふつーに頑張るふつーのご家族へ ふつーに楽しい人生を送るために、お話したいお金の話。

90分に凝縮してお伝えしています。

毎月開催のこのセミナー。ぜひ覗いて下さいね。

以前ご参加いただいたお客様の家が建ちあがり御家族そろって笑顔を見せてくれる瞬間を、
私はとても大切にしたいのです。

「ここから先、いろんなことがあるかもしれないけど、
家計や住宅ローンで迷子になったら、いつでも 私達のところへ 寄って下さいね」

そんな想いで マイホーム取得の第一歩を見送らせて頂いています。

というのも。

私には忘れられない一つのファミリーがいます。

10年ほど前、まだ東京で不動産を売っていた時の話です。

ある中古マンションの取引をしました。
私は買主側だったので、売主であったその方は、私のことなど覚えてないでしょうが。

いわゆる「バブル絶頂期」にそのマンションを4350万円で購入なさったのですが。
その後 ご存じナイアガラ並 不動産価格の下落により
私が仲介したご自宅は 1950万円でした。

順調に住宅ローンを返済できていればよかったのでしょうが
なんらかの事情があったのでしょう。

謄本ですぐ分かりました。
いわゆる「ローン破たん」状態の家計だったのでしょう。

「4350万円で購入して、家計が苦しくなり、売ろうと思ったが 1950万円でしか売れない。
なのに 住宅ローンはまだ3200万円残っている。」

そんな感じだったと思います。

私の記憶に残ったのは
御家族の表情でした。

お子さんは高校生と中学生。

おかあさん、お父さんは、きっと。 
子供たちが小さい頃に
「マイホーム」を買い、楽しい毎日を送ろうね

そんな 普通の願いで マンションを購入なさったのでしょう。

そして 頑張ったのだと思います。

どこにでもある、普通の願望です。


現在の経済状況からすると、あんまり心配いらないと思いますが。

平成の初期は こんなご家族が急増していました。


みんな ふつーのご家族なんです。
なにも 豪邸を手に入れたわけじゃないんです。

私達と同じ、子供の成長のため、
その環境づくりのため。

ただその小さな願いだけで、マイホームを取得しただけなんです。

ただ 時期が悪かった。それだけなんです。


その時 「お金の話をせずに 家を売っては ならぬ」

そう感じたのでした。
あの時の、子供たちの顔を忘れません。

本日の迷言

「景気がいいときに 家を買うなら、慎重に!慎重に!慎重に!!!」

セミナーにご参加いただいたお客さんの

「家を建ててからの生活」応援団長として。



しょみん派FP 今日も行きます。

ちょっとまじめな 今日のあたくしでした。


更新の励みになります。クリックお願いします。
人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fptadokoro.blog35.fc2.com/tb.php/11-54bb37f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。