しょみん派FP 今日も行く

岐阜の庶民派ファイナンシャルプランナーが、くらしの中のお金の話と、日々のお仕事の様子を 綴ります。「やってみました。節約ワザ」 「ひらたいことばで金融・ホケン用語」「教えてもらった貯蓄技」など

火災保険の改定

こんにちは

しょみん派です。

すっごく久しぶりにアクセス履歴を見ていたら

意外と多かった検索ワード

「火災保険 改定」


でした。



ふむ。

なるほど。

ちったあ このブログにアクセスしてくださった
方に
役に立たねばならねえな。


ということで。


本日は 「火災保険 改定」

なぜ最近多い のかを話ますね。


そうそう。

以前のブログにも
触れたのですが

1月1日から 保険法が大幅に改正します。
100年ぶりとかなんとか言って
大騒ぎなのは 損保業界。(生保もちょっと)
パンフレットも料率も なにもかもが変わり
(えらいコストだろうな。こんな時期に)

当然契約者様にも 影響があります。


細かい話は ほっといて←ヲイ!

まず
ご自宅の火災保険の証券を出してみてください。


1 「保険期間」が 1年ですか?


→構造によっては 来年度の更新時 料率アップにひっかかります。

特に 木造 で外壁ALC 
    鉄骨鉄筋コンクリート(特級構造)

なところは注意が必要です。

うげーーーーー!!!!




来年になって思っても遅いので。

すぐにご相談ください。



2 「保険期間」が長期(30年など)ですか?

→構造によっては 一度解約して 新料率での契約がお得になります。

特に  D構造 (ログハウスや 木板張構造の方)


また、これから引き渡しの方はこちら↓の作戦で!


3 12月までにお引き渡し予定のD構造(ログハウスや木版張りなど)建物を建築中の方

→とりあえず1年だけ 2009年料率にして 2010年に入ってから 長期契約をするといいかも


4 12月までにお引き渡し予定の 木造で外壁ALCの建物を建築中の方

→2009年中に 長期契約をおすすめ!








はて?意味わからん・・・・


という方は


とりあえず ご相談ください。

メールフォームからどうぞ。

火災保険は全国対応です。
お気軽に!
(自動車は 東海地区限定にさせて頂いています)


ALCなんて
保険金不払い問題で
構造確認をしていた時に
「B構造で契約すべきでした。保険料を返還します」
と、保険期間をさかのぼって返金していたのに

こちらなどを参照してくださいね。)





今回の改定では
木造チーム(H構造)になってしまいました。

かなり 業界に振り回されてしまう契約者様ゾーンですよね。

2010年は 保険業界 料率が
かなり変わる様子です。


火災保険・自動車保険など
生活密着ものですから

上手にやりくりしたいですね。


必要な保険だけど家計に響くと困りますもの。


損保は難しい。

だから

わてらに 聞いてください。
出来るだけわかりやすく
支払われるものと 支払われないものをちゃんと
お話しようと心がけています。

家計への影響と ヒントもあわせて!


応援お願いします。
人気ブログランキングへ











スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fptadokoro.blog35.fc2.com/tb.php/104-d3d500ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad